セリーグ試合

4月8日プロ野球セリーグ試合【 阪神 0 vs 3 巨人】零封負け。高橋優を全く打てず、オープン戦での対戦を生かせず。

4/8 阪神タイガースvs巨人ジャイアンツ

■対戦:阪神 vs 巨人

■日付:2021年4月8日(水)

■試合開始:18:00

■天候:☀️

■球場:甲子園球場

■放送:GAORA

■試合速報

■スコアボード

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
巨人
1
0
0
1
0
0
0
0
1
3
阪神
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0

■先発投手

  • 阪神:秋山
  • 巨人:高橋

スタメン

阪神
打順 位置 選手名 打率
1 (中) 近本 光司 .178
2 (二) 糸原 健斗 .422
3 (一) マルテ .200
4 (三) 大山 悠輔 .233
5 (左) サンズ .353
6 (右) 佐藤 輝明 .179
7 (捕) 梅野 隆太郎 .225
8 (遊) 山本 泰寛 .333
9 (投) 秋山 拓巳 .333

巨人
打順 位置 選手名 打率
1 (中) 松原 聖弥 .133
2 (遊) 坂本 勇人 .250
3 (右) 梶谷 隆幸 .167
4 (三) 岡本 和真 .175
5 (一) 大城 卓三 .278
6 (左) 重信 慎之介 .300
7 (二) 吉川 尚輝 .056
8 (捕) 炭谷 銀仁朗 .000
9 (投) 髙橋 優貴 .000

■イニング速報

1回表(阪神 0 − 1 巨人

松原 ファーストゴロ

坂本 センターホームラン 1点

これがいくんですね
そうじゃな

梶谷 ライトフライ

岡本 見逃し三振

1回裏(阪神 0 − 1 巨人

近本 ショートゴロ

糸原 センターフライ

マルテ ショートゴロ

2回表(阪神 0 − 1 巨人

大城 空振り三振

重信 見逃し三振

吉川 ライト前ヒット

炭谷 見逃し三振

2回裏(阪神 0 − 1 巨人

大山 サードゴロ

サンズ ファーボール

佐藤輝 空振り三振

梅野 ピッチャーゴロ

3回表(阪神 0 − 1 巨人

高橋 空振り三振

松原 一、二塁間ヒット

坂本 センターフライ

盗塁成功

梶谷 空振り三振

三振が多いですね
力投しておるな

3回裏(阪神 0 − 1 巨人

山本 初球打ちショートゴロ

秋山 空振り三振

近本 レフトフライ

4回表(阪神 0 − 2 巨人

岡本 ライトフライ

大城 センター前ヒット

重信 レフト前、レフトお手玉で二塁三塁

吉川 申告敬遠

炭谷 センター犠牲フライ 1点

高橋 空振り三振

4回裏(阪神 0 − 2 巨人

糸原 センターフライ

マルテ サードゴロ

大山 ショートゴロ

5回表(阪神 0 − 2 巨人

松原 見逃し三振

坂本 ファーボール

梶谷 センター前ヒット

岡本 センターフライ

大城 ファーストゴロ

5回裏(阪神 0 − 2 巨人

打たないですよね
超えるんじゃないんかのう、へなちょこじゃ

サンズ ショートフライ

佐藤輝 セカンドライナー

梅野 ファーボール

山本 ショートゴロ

6回表(阪神 0 − 2 巨人

重信 見逃し三振

吉川 センターフライ

炭谷 空振り三振

10個目の三振で三者凡退にしました
QSじゃのう仕事は果たしたのう、後は打者の問題じゃ

6回裏(阪神 0 − 2 巨人

代打北條 空振り三振

なんで北條なんですか
データ無視の起用じゃな

近本 ライト前ヒット

糸原 セカンドフライ

マルテ 空振り三振

7回表(阪神 0 − 2 巨人

投手交代 小林

高橋 見逃し三振

松原 レフトフライ

坂本 3球空振り三振

7回裏(阪神 0 − 2 巨人

大山 ファールフライ

追い詰めないと緑にならないんですよね
そうじゃな

サンズ 空振り三振

佐藤輝 サードフライ

8回表(阪神 0 − 2 巨人

投手交代 石井大

梶谷 空振り三振

岡本 ファーストファールフライ

大城 ショートフライ

いい投球ですね
後はビジター球場になれる事じゃな

8回裏(阪神 0 − 2 巨人

梅野 ライト前ヒット

山本 ストレートのファーボール

投手交代 中川

代打坂本 送りバント成功

代打陽川 ファーストゴロ

去年の対戦成績を見ましたね
結果論じゃが近本の方が何とかしてくれたかものう

代走熊谷

糸原 セカンドゴロ

9回表(阪神 0 − 3 巨人

投手交代 小野

重信 ライトスタンドホームラン 1点

なんで小野なんですかね
馬場の方が良いのう

吉川 レフトフライ

炭谷 ファーストゴロ

代打香月 キャッチャーファールフライ落とす 空振り三振

9回裏(阪神 0 − 3 巨人

投手交代 デラロサ

マルテ レフト前ヒット

ワイルドピッチ

大山 見逃し三振

ボールを振って、ストライクを見逃しですか
頼りにならん4番じゃのう

サンズ 見逃し三振

佐藤輝 空振り三振

■試合結果

■総評

(⌒▽⌒)巨人高橋優を全く打てず7回0封。8回に見せ場を作ってワンアウト二、三塁。去年中川からヒットを打っている陽川を代打に起用するも不発。9回に小野が出てきてホームランを打たれて終戦。

クリーンアップ右3人というウィークポイントが出た。高橋は今年右打者にはヒットを打たれていない。その自信が現れている投球だっった。

再来週また同じカードがあるので、必ず対策を立てて打ち崩して欲しい。ロハスの出場は無理だろうか。

■本塁打

坂本

■失策

サンズ

梅野

■盗塁

■勝敗

勝利投手:秋山

敗戦投手:高橋

■個人選手戦評

■木曜日(阪神vs横浜)の試合予想 横浜 17時45分

■打者編 横浜先発予定:濱口

去年、濱口は打っている打者は梅野、木浪、大山、近本。本塁打はサンズと中谷が打っている。濱口は今年もストレートの被打率が.462、2本塁打と打ち込まれている。特に左打者の被打率が.462と高いので、初回から近本、糸原で得点をあげていきたい。序盤に崩さないと調子に乗ると打てなくなるので初回から決めるつもりで打って欲しい。コントロールがアバウトなので佐藤輝にとって本塁打のチャンスがありそうだ。

■投手編 阪神先発予定:藤浪

藤浪は投げてみなければわからない投手なだけに、対戦成績は関係ないが横浜打線は成績がいいので振って来ると思う。無駄なファーボールは出さずにQSを目指して粘り強く投げて欲しい。

ルーキーの牧は3番打者なので、試して打たれる失点するので、今カードは抑えておきたい。次のカードでは外国人がクリーンアップになるだろうから試すのはその時でいい。

投球とは別に問題がある。どちらに打球が飛んでくるかわからず内野手が守りづらい点だ。ある程度この投球をすれば、どこにゴロが飛んでくるというパターンを作れないものだろうか。

■2週間の成績

■野手

日時 3/26 3/27 3/28 3/30 3/31 4/1 4/2 4/3 4/4 4/6 4/7 4/8  
対戦 ヤクルト ヤクルト ヤクルト 広島 広島 広島 中日 中日 中日 巨人 巨人 巨人 KPI
近本 盗■ ○■ ○四■ ②○ ①○ 四①◯ 6.5
糸原 ○■■ ○① ○①○ ○■ ○○○ ○③■ ○■ ○四 ○○② 13.0
大山 ▲○① ◉1○四 四◯ ○■ ○①■ ○① 5.5
佐藤輝 ◉1■ ②本○四盗 ①本■ ○■ ○○ 3.5
梅野 ②○① ①① ○四▲ 8.0
木浪 ▲◉ ○□ ー□ ①①犠 ○▲ 5.0
サンズ ①本①本◯四 ◉1四■ ①③本 四四◯ 四① 四◉1 四◯◯■ ○① 四▲ 16.0
マルテ 四四■■ ①本①■四 ○○ ◉1◯ ○■ 四死四 7.0
糸井 1.0
陽川 ①本 2.0
坂本 0.0
原口 1.0
中野 ○□ 2.5
山本 ○○四■■ ◉1 ■□ 2.5
板山 0.5
江越 盗盗 1.0
北條 0.5
熊谷 0,5

○=安打 数値=打点 本=本塁打 =0.5  打点X1.0
□ 好守 =0.5
◉=犠=犠牲フライ、犠牲バント、進塁打=0.5
盗=盗塁=0.5
四=ファーボール、デッドボール=0.5
▲=エラー、走塁ミスアウト=-1.0
■=得点圏凡打、進塁機凡打、盗塁失敗、記録に残らないミス(エラー記載のない守備ミス、走塁機会ミス)=-0.5

■投手

日時 3/26 3/27 3/28 3/30 3/31 4/1 4/2 4/3 4/4 4/6 4/7 4/8 通算
対戦 ヤク ヤク ヤク 広島 広島 広島 中日 中日 中日 巨人 巨人 巨人 w S
勝敗 ○4-3 ○9−5 ○8−2 ●0−1 ●2−4 ○6−3 ●6-3 ○0-1 ○1−3 ○2−6 ◯1−7 ●3−0
勝敗 ○加治屋 ○青柳 ○ガンケル ●西 ●加治屋 ○秋山 ●加治屋 ○スアレス ○ガンケル ○西 ○伊藤将 ●秋山
藤浪 5回2失点 6回1失点 1    
岩貞 1回0失点 1回1/3 0失点 1回1失点 1回1失点 2/3回0失点 4
石井 2/3回1失点 1回2失点 1回0失点 1回0失点
加治屋 2/3回0失点 1回0失点 1回1失点 1/3回3失点 1回0失点 1 2 1
岩崎 2/3回0失点 1回0失点 2/3回0失点 1回0失点 3
スアレス 1回0失点 1回1失点 1回0失点 1回0失点 1 2
青柳 5回2/3 3失点 7回1/3 0失点 1 1
小林   1回0失点 1回0失点 2/3回0失点 1回0失点
桑原   1回2失点 1回0失点
ガンケル     6回0失点 6回1/3 1失点 2 2    
小野     1回0失点 1回2失点 1回1失点
西       6回1失点 7回2失点 1 1 2    
伊藤         5回2失点 7回1失点 1 1
秋山           7回2失点 6回 2失点 1 1 2    

 

■第1、2週(3/26〜4/8)の成績

勝敗:8勝4敗

MVP選手

打者:サンズ、次点は糸原。サンズが打点、本塁打でトップ。2番の糸原が出塁して3、4番が繋いで5番が返すパターンで得点した。

投手:ガンケル。2勝。防御率0.73という好成績だった。負けは加治屋の中継ぎ登板による失敗が2敗。打線が打てず完封負けが2敗となっている。右の中継ぎ投手の選定が鍵となりそう。打線は広島森下、巨人高橋は重点的に分析して次の登板で攻略して欲しい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です