セリーグ試合

4月16日 ヤクルト 9 vs 5 阪神

■試合開始:18:20

■天候:晴れ

■球場:坊っちゃんスタジアム

■先発投手 阪神:ガルシア ヤクルト:原

■総評

ヤクルト 9: vs 5:阪神

先発ガルシアの出来が全て、球は走らず、コントロールは悪い。元々真ん中に投げた球が微妙に変化して芯を外す投手だが、去年の球威がないので四隅を狙いだした。そうするとファーボール 連発。そしてストライクを取りに来た球を狙われ長打に。全く良いところなし。梅野のリードと合わない気はするが、このままでは使えないので2軍調整となるだろう。外国人補強の失敗はいつものことだが、ガルシアが2軍となれば野手二人を1軍で使えるので、もう一人外国人を補強したい。夏場になるとベテラン二人のどちらかはベンチとなるので、外野手を補強したいところだ。ファーストはナバーロで十分だろう。助っ人としては魅力はないが、それ以上にファーストで使える選手が見当たらない。中谷が2割7分の30本打てるなら別なのだが穴が大きく、チャンスには弱いのクリーンアップは無理だろう。これで何も補強がなければ、去年の後半からの惨敗試合が続くような気がする。最下位からの脱出は大変なのだ、しっかりフロントが仕事をして補強をしないと、今の打線では先発投手で勝ち星がつくのはメッセンジャーと西のみだろう。そうなると2勝4敗ペース、たまに打線が打って月に1、2勝だ。そうすると52勝91敗という数字になる。去年は62勝79敗なだけに。断トツ最下位になるとファンやマスコミは黙っていないだろう。矢野監督の休養という事があるかもしれない。目安としては65勝は必要だと思う。それを考えれば打者の補強は急務だろう。ただし活躍するには監督、コーチの力が必要に思う、なぜ、もう少し実績のあるコーチを招聘しなかったのだろうか、育成というなら優秀なコーチが必要だと思うのだが、とにかく最下位のチームだということを肝に命じて対応した方がいいように思う。最後にマルテに期待するのは無駄だと思う、敵前逃亡とは言わないが開幕に間に合わない時点で問題だし、出場してもホームランを連発するぐらいの大活躍でもしない限り誰も納得しないだろう。

■スタメン

ヤクルト

選手名    打率
1 三 太田賢吾 .321
2 中 青木宣親 .362
3 二 山田哲人 .302
4 左 バレンティン .286
5 右 雄平 .246
6 遊 西浦直亨 .241
7 一 村上宗隆 .192
8 捕 中村悠平 .277
9 投 原樹理 .500

阪神

選手名             打率
1 中 近本光司 .283
2 二 糸原健斗 .200
3 右 糸井嘉男 .327
4 三 大山悠輔 .237
5 左 福留孝介 .222
6 一 ナバーロ .242
7 捕 梅野隆太郎 .362
8 遊 木浪聖也 .125
9 投 ガルシア .333

1回表

近本 空振三振

糸原 レフト前ヒット

糸井 ショート内野安打

大山 レフト前タイムリーヒット 1点

福留 レフトフライ

ナバーロ ライト前タイムリー 1点

梅野 ショートゴロ

1回裏

太田 ライト前ヒット

青木 三塁内野安打

山田 四球

バレンティン 四球

雄平 遊ゴロ

西浦  ファーストファールフライ

村上 スリーランホームラン 3点 頭悪いんか、ランナー溜まって長打って( ̄^ ̄)

中村 ライト前ヒット

原 センター前ヒット バッテングピッチャーですな。ガルシアは話にならんはコントロール悪い、球威なし。最悪だ。コーチも練習でわからんのか、こんなひどい状況。福原コーチは甘いんだろうな。監督も続いて甘い。

太田 空振り三振

2回表

木浪 レフト線二塁打^ – ^

ガルシア 犠牲バント成功

近本 空振り三振、だから内野ゴロだろっていうのは止めよう。セオリーはもう良いよ、1点とっても勝てるわけないし( ̄^ ̄)

糸原 セカンドゴロ

2回裏

青木 ファーストゴロ

山田 センターオーバー三塁打。真ん中に打ってください投球、140km、

バレンティン ファーボール

雄平 どうして前進守備なわけ、セカンドゴロ がタイムリーヒット。1点 まぁ、コーチ陣もこれだし。

投手交代 守谷

西浦 センター前タイムリー 1点 なんかもう全く話にならんなぁ。珍しく初回から点なんてとるから、ヤクルト本気にさせたのかな。

村上 サードダブルプレー

阪神:2−7:ヤクルト

3回表

糸井 空振三振

大山 だから( ̄^ ̄)スローカーブをキャッチャーフライ 君はどうして淡白なんだ。こういう日にどうやって打つか試すんでしょうに。

福留 三振、もう戦意喪失ですか、3回で。ちょっと早いんじゃないか。いくらなんでも…。

3回裏

中村 ライトフライ

原  サードゴロ

太田 ファーボール  、ここで守谷のダメな態度。こういう姿を見せると2軍かなと思うわな。反省しないと。

青木 レフトフライ

4回表

ナバーロ センターフライ

梅野 デッドボール 当てたな、この投手。汚いな!

木浪 サードファールフライ

代打 鳥谷 レフト前ヒット

近本 カーブに空振り三振 でも9球はよく粘ったよ。まぁ、今日は3三振だけど、解説の片岡が開きが早いって言ってる…。

4回裏

投手 岩崎

山田 146kmと早いな。セカンドフライ。

バレンティン ホームラン 1点 外角低めの難しい球だと思うけどな。まぁ初球気を入れて投げてないんだろうな。

雄平 空振三振

西浦 サードゴロ

阪神:2−8:ヤクルト

5回表

糸原 一二間ヒット、久々に初球打った

糸井 ピッチャーゴロゲッツー まぁ、今日は終わりですか。

大山 ピッチャーゴロ、外角変化球を気にしながら、ストレートが来た場合ライト前に打つ方法が確立出来たら打率は上がるんだけどな。まぁ、今日はちょっとヘッドが返ってピッチャーゴロなんだね。

5回裏

村上 三振

中村 ライトフライ

原 見逃し三振

6回表

福留 レフトフェンス直撃2塁打

ナバーロ ツーボールから狙い球のストレートをセカンドゴロ 、バレンテインと違いすぎる。

梅野 セカンドゴロ 1点

木浪 ストレート見逃して、変化球2球空振りで三振。だからそんな打撃だとスタメンはないわ、いくらルーキーでも。コーチがよけいな事言ってるか。

阪神:3−8:ヤクルト

6回裏

投手島本

太田 ツーストライク、難しい球を打ってレフト前ヒット。島本は癖があるな、急所がバレている。

青木 センターフライ

山田 ファーボール

バレンティン 空振り三振

雄平 セカンドゴロ

7回表

中谷 無残にバット折られてキャッチャーフライ。

近本 サードファールフライ

糸原 セカンドゴロ 、アッサリ終わると明日も負けるよ諸君。

7回裏

投手 尾仲

西浦 ファーボール

村上 ライト線2塁打 なぜストレートを投げない。相手の弱点を攻めないと

中村 アホの一つ覚え前進守備、ゴロを間に抜かせない配球してないし。ファーボール 。敗戦処理でファーボール はいらん。他に投手いないのか。

原 空振三振

太田 空振三振

青木 デッドボール、三振とって調子にのって投げる2軍特有の失敗。

山田 ショートゴロ

阪神:3−9:ヤクルト

8回表

糸井 セアンドゴロ

大山  さぁ、こういう日に一本打っとこ。なぜ4座席目でストレートを見逃すの。シュート打って詰まってセカンドゴロ 。

北条 良い角度で上がってもレフトフライか、甲子園球児の頃はホームラン結構打ったけど、どうしてこう小さくなっちゃうんだろうな阪神の選手は。

8回裏

バレンティン ショートゴロ

雄平 センター前ヒット。こういう試合でも手を抜かないもんな雄平は。

村上 ショートゲッツー

9回表

ナバーロ ライト線2塁打

梅野 センター返し、ショートゴロ。ポジションはちゃんとしてる。

木浪 初球打って、ライトフライ。もうダメな阪神の空気に流されだしたのか。

中谷 ライトツーランホームラン 2点 逆方向にホームランは良いね。打たないと思ったら打つよね。取り敢えずスタメン7番辺りで良いんじゃないか。

近本 センター前ヒット、取り敢えず一本は良いね。

上本 レフトフライ

阪神:5−9:ヤクルト