セリーグ試合

4月20日 阪神 :0 vs 2: 巨人

■試合開始:14:00

■天候:晴れ

■球場:甲子園

■先発投手 阪神:岩貞 阪神:ヤングマン

■予想 今日の先発は巨人ヤングマン、広島戦は得意のカーブを使ってうまく抑えたが、次戦のヤクルト戦はクリーンアップに3本のホームランを打たれて降板している。右打者の被打率が悪いので、真ん中寄りのボールは積極的に狙っていきたい。カーブが25%、ストレート60%なので、どちらかの球種に的を絞って長打が打てれば得点しやすいだろう。カーブの被打率が.333なので投げ方にクセがあるのかもしれない。一方、阪神岩貞は初戦こそ好投したものの、前回の登板は満塁ホームランを打たれての降板となった。右打者のインコース、左打者のアウトコースのコントロールが鍵だろう。打たれるケースはスライダー、カットが甘くなって打たれているケースが多いので、今日はこの2種類を封印するぐらい思い切って腕を振ってほしい。また、最近阪神バッテリーは捕手に打たれることが多いので、ここは注意してほしい。巨人は下位打者に打たれると1、2番にクリーンアップがいるので大量失点になってしまう。下位打線は気を抜かず抑えてほしい。今日の注目選手は阪神は岩貞、近本、大山、梅野。一方、巨人は丸、岡本に中継ぎ投手ということになるだろう。さて昨日は打順いじって不発だった阪神が、どんな打順で挑むのか注目だ。それにファーストを誰が守るのかも注目だ、昨日は陽川が三つの悪送球を3つとも捕れなかった大敗した。やはり甲子園では守備が上手い選手が良いのではないだろうか。

■総評

阪神は初回にノーアウト3塁、3回にワンアウト2、3塁のチャンスの2回のチャンスに2番打者に回ってきた。監督は糸原がなんとかするだろう、もしそれでダメなら糸井がなんとかするだろうと思ったのかもしれない。結局、二人は2度のチャンスに凡打を繰り返し得点できなかった。その結果、先発のヤングマンを調子に乗せてしまい、それ以降チャンスを作ることなく無得点に終わってしまった。一方、失点は今シーズン一本もヒットを打っていない打者にツーランホームランを打たれての失点となった。力的に劣っているチームが勝つには少ないチャンスをものにすること、抑えられる打者は必ず抑えることだと思う。そこの部分は練習すれば何とかなるだけに、もう少し練習をして欲しい。そして首脳陣も自主性などと言わず練習させて欲しい。それなしには最下位脱出はないように思う。

■スタメン

阪神
選手名           打率
1 中 近本光司 .274
2 二 糸原健斗 .222
3 右 糸井嘉男 .333
4 三 大山悠輔 .267
5 左 福留孝介 .219
6 一 中谷将大 .273
7 捕 梅野隆太郎 .393
8 遊 木浪聖也 .167
9 投 岩貞祐太 .000

巨人
選手名          打率
1 遊 坂本勇人 .379
2 中 丸佳浩 .308
3 三 ビヤヌエバ .313
4 一 岡本和真 .258
5 左 ゲレーロ .254
6 右 石川慎吾 .000
7 二 山本泰寛 .750
8 捕 炭谷銀仁朗 .308
9 投 ヤングマン .500

1回表(神0−0巨)ランナー出るも三人で攻撃終わる

坂本 ライトフライ、風に流されてライト前ヒット

丸 ツースリーか…。 ショート強襲、木浪が何とか取ってセカンドアウト

ビアヌエバ ショートフライ

岡本 ランナー盗塁、梅野が刺す。

今日の解説はかねもと、あらい、まきはらです

岩貞、インコース攻めてgood!

1回裏(神0−0巨)近本ノーアウト3塁も後続打者が凡打

近本 三遊間内野安打、セカンドがら空き。走るとセカンド悪送球でサードへ進む。

糸原 ファーストゴロ

糸井 カーブをセカンドゴロで打ち取る

大山 サードゴロ、ちゃんちゃん、

チャンスを貰っても生かせない、内野ゴロ打つ練習してないな、前進守備なのに。( ̄^ ̄)

2回表(神0−2巨)伏兵がセンターにツーランホームラン

岡本 センターフライ

ゲレーロ ストレートのファーボール

今日のテーマ:岩貞、下位打線には打たれるな!

石川 センターツーランホームラン 2点。

ここ最近の試合の反省がない! スライダーは投げるなと言いたい( ̄^ ̄)

山本 ファール連続。なぜこんなにバットに当てられるんだ。ライトフライ。

炭谷 ライトフライ

阪神:0対2:巨人

2回裏(神0−2巨)梅野ファーボール で出るも盗塁失敗

 

福留 初球打ってセカンドゴロ

中谷 センターフライ

梅野 ファーボール

木浪 初球、梅野盗塁失敗

3回表(神0−2巨)三者凡退

ヤングマン ライトフライ、糸井スライディングキャッチ。

坂本 空振り三振

丸 センターフライ

ジャイアンツはフライアウトばかりだ、球が低めじゃないってことか

3回裏(神0−2巨)1アウト2、3塁のチャンスに凡打!

木浪 ツースリー 右中間にカーブを打ってヒット、良いね!

木浪がヤングマンの決め球のカーブを打った!

岩貞 ファーボール

近本 送りバント ワンアウト2塁3塁

糸原 ピッチャーゴロ うーん、抜けない。これで初回と2回のチャンスを生かしてない。

二遊間が下がってるので、セカンドゴロ を打ちにいってる byかねもと

糸井 ノースリー 球が高くなってきた。さて打てるか。ストレート見逃し三振。まぁカーブに絞ったんだろうけど

木浪が決め球のカーブを打ったことを判断すれば、2球続けてカーブは無いと判断しなければいけない。

4回表(神0−2巨)三種凡退

ビアヌエバ セカンドフライ

岡本 ショート強襲をうまく取ってアウトにする

木浪 強烈なワンバウンドを取って、ファーストアウト。ファインプレー

ゲレーロ ライトフライ

4回裏(神0−2巨)福留ヒットも後が続かず

大山 カーブを空振り三振

福留 三遊間ヒット

中谷 ファーストファールフライ この打順だ無い 7番でしょ!

梅野  サードゴロ

5回表(神0−2巨)炭谷ヒットも次打者は凡打

石川 センター前ヒット

山本 ショートダブルプレイ

炭谷 三遊間ヒット

ダブルプレイの後、ホッとして安易に真ん中投げてヒットされる。こういう余計な事が勝てない原因、勝つ投手は一球一球気を抜かない。 西を見習わないといけない。

ヤングマン センターフライ

5回裏(神0−2巨)三者凡退

木浪 ファーストゴロ

岩貞 空振り三振

近本 セカンドフライ

6回表(神0−2巨)ファーボール の後は大ライトフライ

坂本 センターフライ

丸 セカンドゴロ。岩貞、ホッとしない!

ビアヌエバ ファーボール

岡本 ライトフライ 東京ドームならホームランかもね。

6回裏(神0−2巨)糸糸コンビ、今日は凡打の続きで

今日チャンスで打てない、糸糸コンビの登場です。

糸原 センターフライ 、上位打って意味ないじゃ無いか

糸井 センターフライ 、3打席ダメなのか。今日はダメな日なんだ

大山 ファーボール

福留 ファーストゴロ

7回表(神0−2巨)三者凡退、岩貞ナイスピッチ交代

ゲレーロ インコース見逃し三振

気を抜くな!

石川 サードゴロ

山本 ピッチャーゴロ

7回裏(神0−2巨)アッサリ三者凡退、ラッキーセブン?

中谷 三球三振 全く、こういうときは役に立たない。

梅野 カーブを空振り三振

木浪 ライトフライ

8回表(神0−2巨)セットアッパー登板、三者凡退

投手交代 岩貞→ジョンソン

炭谷 ショートゴロ

ヤングマン 三球見逃し三振

坂本 ライトフライ

8回裏(神0−2巨)結局、糸糸コンビは繋がらない

代打上本 空振り三振

近本 セカンドゴロ

糸原 ファーボール

糸井 今日、4回目だね。ライトフライ

9回表(神0−2巨)負け試合にクローザー登板。三者凡退

投手交代  ジョンソン→ドリス

丸 センター前ヒット

ビアヌエバ ショートダブルプレイ

岡本 セカンド頭をこすテキサスヒット、しかしセカンド欲張ってアウト

9回裏(神0−2巨)4番ヒットも打つも、ゲームセット!

投手交代 ヤングマン→クック

大山 ライト前ヒット!

今シーズン初めてライト前ヒットになったねぇ、いつもはライトフライなのに

福留 セカンドダブルプレイ なんなんだろうね。期待はずれ。

中谷 ショートゴロ