セリーグ試合

8月18日 阪神 3 − 6 巨人 プロ野球セリーグ試合速報

プロ野球 阪神  −  巨人 試合情報

■試合開始:13:00

■天候:晴れ

■球場:東京ドーム

■予告先発投手 阪神:ガルシア 巨人:山口

■スコアボード

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
阪神
0
0
0
0
0
1
2
0
0
3
巨人
0
0
0
3
1
0
2
0
x
6

■前日の試合結果はこちら

8月17日 阪神 2 − 4 巨人 プロ野球セリーグ試合速報2019年8月17日(土)プロ野球 阪神  −  巨人 試合情報 ■試合開始:14:00 ■天候:晴れ ■球場:東京ドーム...

■前回登板【阪神 ガルシア】の試合はこちら

8月12日 阪神 1 − 5 中日 プロ野球セリーグ試合速報2019年8月12日(月)プロ野球 阪神 − 中日 試合情報 ■試合開始:18:00 ■天候:晴れ ■球場:ナゴヤドーム ...

■テレビ、ラジオ、ネット放送予定はこちら

2019年8月16日〜8月18日 阪神vs巨人 テレビ、ラジオ、ネット放送予定プロ野球放送予定速報 2019年8月16日(金) 阪神vs巨人 概況 ■試合開始:18:00 ■天気予報:晴れ ■球場...

■阪神選手のタイトルと記録はこちら

阪神選手のタイトルと記録2019年シーズンも終盤、現在タイガースは4位、CS出場のチャンスは、まだ残っているのですが、そろそろ個人タイトルや達成しそうな記録も気...

■試合予想

■勝敗ポイント

阪神の先発はガルシア、調子が良くても悪くても打たれるので、ホームランだけは気をつけたい。同郷のゲレーロにはインハイに投げる勇気はないだろうからファーボールで仕方ないだろう。次打者は若林なので、そこで抑えたい。また坂本と岡本はランナーを出しての一発だけは何としても避けたい。序盤は最少点に抑えて試合を壊さないようにしたい。一方打線は、打順の巡りは、どうしても大山にチャンスが回ってくる。相性としては近本、福留が打っているので二人でまず先取点を取って欲しい。外国人の二人はどちらかは塁に出るだろうから、大山にチャンスは回ってくることになる。球種はストレートとスライダーとフォークだ。フォークに強い福留は別として。他の選手はフォークは必ず投げてくるだろう。追い込まれると決め球にされるので、その球をセンターに向かって打ち返したい。ソラーテが前日の試合でフォークをヒットしているので期待できるかもしれない。意外なところで北条もフォークを打っているので、ギャンブル起用もあっても良いだろう。明日は2番木浪(北条)、3番ソラーテ、4番福留、5番マルテで良いだろうか、6番大山は正念場のゲームになる。ここで打たないと7番降格あり得るので、フォークはファールで逃げてストレートかスライダーをスタンドに運びたい。

■今日の5大テーマ

失策がゼロであるか?(記録にならないエラーも含む)
1つ目はチームの意識改革目標じゃ
❌ 
ガルシアが7回まで投げるか?
ガルシアが7回まで投げられるか、それは打撃陣にかかっているんだが
ソラーテが真ん中コース以外をホームランできるか?
3つ目はソラーテが来期のクリーンアップを打てるようになるかじゃ
❌ 
近本が2安打を記録するか?
近本が新人王を取るには打率UPが必要
❌ 
大山がミスターセプテンバーに向けホームランを打つか?
5つ目は大山が4番に戻るための目標じゃ。去年のミスターセプテンバーの活躍が求められる。2018年9月の成績(打率.415 打点23 本塁打9本 安打数39)が目標じゃ

スタメン

阪神
選手名 打率
1 近本光司 .277
2 木浪聖也 .241
3 福留孝介 .253
4 マルテ .272
5 糸原健斗 .259
6 大山悠輔 .259
7 高山俊 .266
8 坂本誠志郎 .171
9 ガルシア .120

巨人
選手名 打率
1 陽岱鋼 .292
2 坂本勇人 .311
3 丸佳浩 .300
4 岡本和真 .260
5 阿部慎之助 .303
6 ゲレーロ .251
7 増田大輝 .160
8 小林誠司 .266
9 山口俊 .05

 

■総評

■今日の試合結果

阪神は、いつも負けが続くと、どうしてこうなってしまうんだろう。ガルシアは下位打者に打たれ先制、投手にも打たれて追加点。阪神の代打は空振り三振、見逃し三振、選手に何の準備もさせずに送り出すもんだから、ヒットを打ってやろうという気持ちまで到達せず。とにかく三振だけはしたくない、そんな表情がありあり。相手チームに苦笑される始末。とても試合になる雰囲気はなかったが、6回に突如巨人先発山口の球が浮き始め3点返す。しかし、すぐに2点取られて突き放される。その後、満塁チャンスを作るが北条が内野フライを上げて、今日はここまで。残塁10とチャンスで打てないゲームは続く。木浪が3安打猛打賞と気を吐いたのが唯一の救いだろうか。

■個人選手戦評

高山 6回ツーアウト満塁でノースリーで4球目アウトコースストレート見逃し。5球目同じアウトコースストレートを空振り。6球目フォークを空振り。ウィークポイントの外角真ん中と高め(今年17打数2安打)を克服しないと同じ攻め方をされると思う。後はこのコースだけ逆方向に引っ張って強い打球が打てれば打率が上がると思う。

北条 8回ワンアウト満塁でセカンドフライ、1球目のシュートを投げて空振り、2球目ストレート、3球目はスライダー。4球目のスライダーを打ってセカンドフライ。ウィークポイントのスライダー(今年21打数2安打)と全く打ててない弱点を攻められての凡打。この球を克服しない限りは、チャンスでは必ず投げられて凡打する。

近本 8回ツーアウト満塁で左投手の投げるアウトローのボール気味の球(18打数0安打)を空振りする、ピンチでは相手投手は、アウトローで勝負で、他は見せ球だ。弱点は完全に分析されていて。ピンチになると、そこばかりを突いてくる。

これが阪神の各打者が得点圏で打てない理由だと思う、普通の時は、そんなに弱点を突かないので打てるが、ピンチとなると相手はウィークポイントを徹底的についてくる。その球を打てるようにならないとチャンスでタイムリーを打ってヒーローにはなれないと言うことだ。それを克服した選手がいる。

木浪 右投手の投げるインコースの球を(25打数3安打)と全く打てていなかった。今日の6回の3打席目はインコースストレートをライト前ヒット、7回の4打席目も同じくインコースストレートを右中間二塁打へタイムリーを打った。この前の中日戦でもインコーススライダーを本塁打しているので打つことは克服した。後はインコースのボール球の見極めが出来ればオープン戦の高打率が戻ってくるだろう。右左関係なしにスタメンで使って欲しい。

Y監督は元捕手なので自軍の打者をどうやったら抑えられるかを教えてやらないないのだろうか、高山には外角ストレート、低めのボール球。北条にはスライダー。近本には左投手の外角球。あとは、その弱点をどうやって配球するか、なんならベンチからコースと球種を送ってやれば良いんではないかと思う。選手に任せてそれができるのは福留と糸井ぐらいだ。

■活躍選手評

■審判 球審:佐藤

■イニング速報

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です