月間MVP賞

2020年月間MVP候補者一覧を予想してみました。

 

月間MVPの発表予定日

■セントラル・リーグ

受賞選手発表

6、7月度 [受賞選手発表] 8月12日(水)発表

  • 投手:菅野 智之 (巨人)
  • 打者:村上 宗隆 (ヤクルト)

8月度 [受賞選手発表] 9月9日(水)発表

  • 投手:菅野 智之 (巨人)
  • 打者:佐野 恵太 (横浜DeNA)

9月度 [受賞選手発表] 10月7日(水)発表

  • 投手:大野 雄大 (中日)
  • 打者:梶谷 隆幸 (横浜DeNA)

10、11月度 [受賞選手発表] 11月18日(水)発表

  • 投手:森下 暢仁 (広島東洋)
  • 打者:T.オースティン (横浜DeNA)

■パシフィック・リーグ

受賞選手発表

6、7月度 [受賞選手発表] 8月12日(水)発表

  • 投手:涌井 秀章 (楽天)
  • 打者:柳田 悠岐 (ソフトバンク)

8月度 [受賞選手発表] 9月9日(水)発表

  • 投手:石川 歩 (千葉ロッテ)
  • 打者:吉田 正尚 (オリックス)

9月度 [受賞選手発表] 10月7日(水)発表

  • 投手:山本 由伸 (オリックス)
  • 打者:浅村 栄斗 (東北楽天)

10、11月度 [受賞選手発表] 11月18日(水)発表

  • 投手:岸 孝之 (東北楽天)
  • 打者:柳田 悠岐 (ソフトバンク)

10、11月の候補者についての予想

■2020年10、11月度の月間MVP予想はこちら⤵︎

2020年月間MVP候補者一覧を予想(10、11月版)2020年の10、11月度の月間MVP候補を予想してみたいと思います。 月間MVPの発表予定日 ■セントラル・リーグ 受賞選手...

9月の候補者についての予想

■2020年9月度の月間MVP予想はこちら⤵︎

2020年月間MVP候補者一覧を予想(9月版)2020年の9月度の月間MVP候補を予想してみたいと思います。 月間MVPの発表予定日 ■セントラル・リーグ 受賞選手発表予定...

8月の候補者についての予想

■2020年8月度の月間MVP予想はこちら⤵︎

2020年月間MVP候補者一覧を予想(8月版)2020年の8月度の月間MVP候補一覧を予想してみたいと思います。 月間MVPの発表予定日 ■セントラル・リーグ 受賞選手発表...

6、7月の候補者についての予想

■7月末時点での予想はこちら⤵︎

2020年月間MVP候補者一覧を予想(6、7月版)2020年の月間MVPは6月、7月度にまとめて発表するようです。 昨日が月間の最終戦となったので、先週に引き続き候補者を予想したい...

セリーグ打者

■7月24日時点での6、7月の成績

今日の数字でいくと、広島の鈴木と堂林が有力ですね。

選手 チーム OPS 打率 打点 本塁打 出塁率 盗塁
鈴木誠也 1.142 .361 24 8 .466 2
青木宣親 1.119 .347 19 6 .456 0
堂林翔太 1.043 .390 17 5 .434 5
岡本和真 1.036 .315 29 10 .397 0
村上宗隆 1.000 .351 32 4 .447 3
佐野恵太 .957 .368 18 3 .436 0

阪神の選手がどうかというと、大山選手とサンズ選手、ちょっと規定打席に到達は難しですね。来月も好調を持続して月間MVP候補になって欲しいですね。

選手 チーム OPS 打率 打点 本塁打 出塁率 盗塁
梅野隆太郎 .915 .321 6 2 .421 1
大山悠輔 1.062 .329 16 7 .378 0
サンズ .961 .292 15 5 .378 0

セリーグ投手

■7月24日時点での6、7月の成績

今日までの数字でいくと、菅野で決まりでしょうか。青柳の完投は5回コールドゲームなので、例え次の試合で完封したとしても追いつかないですね。

選手 チーム 勝利 敗戦 防御率 完投 完封 投球回数
菅野智之 4 0 1.77 2 2 35.2
小川泰弘 4 0 4.21 0 0 36.1
青柳晃洋 4 1 1.80 1 0 30
平良拳太郎 2 1 1.45 0 0 31

パリーグ打者

■7月24日時点での6、7月の成績

浅村は打率が落ちてきましたね、前半戦は飛ばしていたのですが、やはり柳田で決まりでしょうか。いつのまにかチームも首位にいますしね。

選手 チーム OPS 打率 打点 本塁打 出塁率 盗塁
柳田悠岐 1.240 .367 23 9 .496 2
浅村栄斗 1.052 .298 36 11 .403 0
吉田正尚 1.014 .339 19 6 .457 2

 

パリーグ投手

■7月24日時点での6、7月の成績

パリーグの投手は混戦ですね、勝利数で上回る涌井が一歩有利でしょうか。

選手 チーム 勝利 敗戦 防御率 完投 完封 投球回数
涌井秀章 4 0 3.26 0 o 30.1
種市篤暉 3 1 2.20 1 1 41
山本由伸 3 1 2.21 1 0 36.2
東浜巨 2 1 1.91 0 0 33

まとめ

それにしても候補者に外国人が一人も入っていないのが不思議です、今年は順位は外国人が働くところが優位と言われていましたが、コンデション調整の問題があり、1ヶ月良い状態で保つのが難しいようです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です