先発投手予想

2024年阪神 先発投手・スタメン予想・月間成績記録

阪神タイガースの一軍登録選手、先発、成績予想をしていきたいと思います。

また、Dailyで活躍した選手を上げて、阪神タイガース月間MVPを選びます。

◾️2024年セリーグ 阪神試合先発予想

◾️更新履歴

先発予想

月日 対戦カード 球場 先発予想 先発予想 勝確率 勝敗 順位
3/29(金) 阪神ー巨人
東京ドーム  青柳 戸郷 50% ⚫︎森下ファインプレーに先制点を阻まれる 6
3/30(土) 阪神ー巨人 東京ドーム   大竹 グリフィン 50% ⚫︎坂本スクイズ失敗響く 6
3/31(日) 阪神ー巨人 東京ドーム   才木 高橋礼 60% ◯森下3ラン 5
4/2(火) 阪神ーDeNA 京セラD大阪 村上 ジャクソン 60% ⚫︎村上初回、佐藤のエラーで炎上、先頭打者四球 6
4/3(水) 阪神ーDeNA 京セラD大阪 伊藤 濱口 65% ◯森下2ランで逆転勝利  5
4/4(木) 阪神ーDeNA 京セラD大阪 西勇 中川 50% ⚫︎西突如乱れ逆転ゆるす  6
4/5(金) 阪神ーヤクルト
神宮 青柳 サイスニード 50% ◯佐藤輝の一発で決める  4
4/6(土) 阪神ーヤクルト 神宮 大竹 吉村 50% 佐藤輝の2ランで逃げ切る  3
4/7(日) 阪神ーヤクルト 神宮 才木 ヤフーレ 60% ⚫︎佐藤輝2度あることは3度ない、エラーでダメ押し点献上  3
4/9(火) 阪神ー広島 甲子園 村上 床田 50% ◯村上7回零封でリリーフで逃げ切り勝つ 3
4/10(水) 阪神ー広島 甲子園 伊藤 アドゥワ 55% ⚫︎伊藤序盤炎上  4
4/11(木) 阪神ー広島 甲子園 西 大瀬良 65% ⚫︎3番ノイジーがブレーキ、いつまで貧打線が続く。  5
4/12(金) 阪神ー中日 バンテリン 青柳 45% ▲近本の内野安打2打点で何とか引き分ける。  4
4/13(土) 阪神ー中日 バンテリン 大竹 メヒア 45% ⚫︎初回2点先制も、6回大竹炎上負け  4
4/14(日) 阪神ー中日 バンテリン 才木 梅津 50% ◯才木の好投で逃げ切る  4
4/16(火) 阪神 – 巨人 甲子園 村上  山﨑 55% △打てない打線で引き分け。いつまで貧打する 4
4/17(水) 阪神 – 巨人 甲子園 伊藤 赤星 50% ◯巨人の拙攻に助けられ何とか勝利 3
4/18(木) 阪神 – 巨人 甲子園 西勇 菅野 40% 投手粘って佐藤輝のサヨナラ安打で勝 3
4/19(金) 阪神 – 中日 甲子園 青柳 メヒア 50% ◯打線好転して7得点で完勝 3
4/20(土) 阪神 – 中日 甲子園 大竹 大野 50% 打線爆発14安打15得点で完勝  2
4/21(日) 阪神 – 中日 甲子園 才木 松葉 50% ◯雨の中の試合才木が0封、サトテル3ランでコールド
4/23(火) 阪神ーDeNA  横浜 村上 ジャクソン 55% 4番、5番決められず引き分け  1
4/24(水) 阪神ーDeNA  横浜 伊藤 濱口 55% ◯雨の中、9回緊張切らさず再逆転で勝つ 1
4/26(金) 阪神ーヤクルト
甲子園 青柳 小川 60% ⚫︎青柳炎上で負け、木浪エラー3個の大失態  1
4/27(土) 阪神ーヤクルト 甲子園 大竹 サイスニード 55% ◯5点取って何とか逃げ切る 1
4/28(日) 阪神ーヤクルト 甲子園 才木 小澤 55% ◯大山のラッキーヒットで勝利
4/29(月) 阪神ー広島 マツダ 西 大瀬良 50% 雨天順延
4/30(火) 阪神ー広島 マツダ 村上 床田 45% ◯村上完投ノイジー4安打、坂本3打点と下位打線が活躍 1
5/1(水) 阪神ー広島 マツダ 伊藤 大瀬良 55% △2点先行も追いつかれて引き分け 1
5/3(金) 阪神ー巨人 東京D 門別 戸郷 45% ⚫︎門別初回に打たれて負け、ノイジーのエラーも響く
5/4(土) 阪神ー巨人 東京D 西 菅野 55% ⚫︎島本打たれてサヨナラ負け  1
5/5(日) 阪神ー巨人 東京D 才木 高橋 50% ◯近本先制ツーランで逃げ切る
5/6(月) 阪神ー広島 甲子園 大竹 ハッチ 60% 雨天順延
5/7(火) 阪神ー広島 甲子園 村上 床田 55% ⚫︎3番ノイジー二併殺にセカンドにエラー失点で負け  1
5/8(水) 阪神ー広島 甲子園 大竹 大瀬良 55% ⚫︎悪手3番ノイジー懲りずにやって、また負け 1
5/10(金) 阪神ー横浜 横浜 青柳 45% ◯ノイジー途中出場で決勝打、横浜は詰めが甘くて助かる
5/11(土) 阪神ー横浜 横浜 伊藤 中川 55% ⚫︎7点リード大逆転負け
5/12(日) 阪神ー横浜 横浜 才木 大貫 55% ◯才木128球完封勝ち。一番井上も仕事  1
5/14(火) 阪神ー中日 バンテリン 村上 高橋 55% ⚫︎佐藤輝のエラーで逆転負け
5/15(水) 阪神ー中日 バンテリン 大竹 小笠原 55% ◯佐藤2軍に落として、極貧打線。延長11回近本の値千金打で逃げ切る 2
5/16(木) 阪神ー中日 バンテリン 西 梅津 45% ◯仮打順で大量得点、原口3ラン  1
5/17(金) 阪神ーヤクルト
甲子園 青柳 吉村 45% ⚫︎青柳序盤に4視点で負け
5/18(土) 阪神ーヤクルト 甲子園 ビーズリー ヤフーレ 45% ◯ビーズリー1翔、虎の子の1点をリリーフ守る  1
5/19(日) 阪神ーヤクルト 甲子園 才木 石川 55% ◯雨の中、ノイジー3安打の活躍で勝つ。遅球には強い  1
5/21(火) 阪神ー広島 マツダ 村上 床田 50% ⚫︎序盤に村上炎上  1
5/22(水) 阪神ー広島 マツダ 大竹 森下 55% ◯大竹快投7回0失点  1
5/23(木) 阪神ー広島 マツダ 西 ハッチ 55% ◯12残塁の拙攻でも、なんとか逃げ切る。毎夜最低限のクリーンアップ
5/24(金) 阪神 – 巨人 甲子園 及川 戸郷 45% ⚫︎ノー人ノーランくらって負け。甲子園では反発係数の低い球を使うと野球にならない.。佐藤輝を外野で使えばいいだけでしょ。監督の決断が待たれます。
5/25(土) 阪神 – 巨人 甲子園 ビーズリー 赤星 50%  
5/26(日) 阪神 – 巨人 甲子園 才木 菅野 55%  
5/28(火) 阪神 – 日本ハム 甲子園 村上 山﨑 55%  
5/29(水) 阪神 – 日本ハム 甲子園 大竹  福島 55%  
5/30(木) 阪神 – 日本ハム 甲子園 西 上原 50%  
5/31(金) 阪神 – ロッテ ZOZO 門別/伊藤 佐々木 45%  

 

◾️月間成績ランキング

阪神タイガース月間MVP(5月)

5月:9勝9敗1分

  • (野手)
  • (投手)
日付 選手 イベント Good Point  Ranking
5/1 大山 セリーグ試合 VS 広島 2安打
5/1 木浪 セリーグ試合 VS 広島 2安打
5/3 大山 セリーグ試合 VS 巨人 2ホームラン
5/3 中野 セリーグ試合 VS 巨人 2安打ホームラン
5/4 森下 セリーグ試合 VS 巨人 2安打
5/5 近本 セリーグ試合 VS 巨人 2安打
5/5 木浪 セリーグ試合 VS 巨人 2安打
5/5 才木 セリーグ試合 VS 巨人 勝利
5/5 岡留 セリーグ試合 VS 巨人 ホールド
5/5 桐敷 セリーグ試合 VS 巨人 ホールド
5/5 ゲラ セリーグ試合 VS 巨人 ホールド
5/5 岩﨑 セリーグ試合 VS 巨人 セーブ
5/7 なし セリーグ試合 VS 広島  3番ノイジーで負け。  
5/8 なし セリーグ試合 VS 広島 3番ノイジーを、懲りずにやって、また負け。
5/10 近本 セリーグ試合 VS 横浜 2安打ホームラン
5/10 ノイジー セリーグ試合 VS 横浜 2安打
5/10 ゲラ セリーグ試合 VS 横浜 セーブ
5/11 近本 セリーグ試合 VS 横浜 2安打満塁本塁打
5/11 井上 セリーグ試合 VS 横浜 2安打
5/11 前川 セリーグ試合 VS 横浜 2安打
5/11 木浪 セリーグ試合 VS 横浜 2安打
5/11 佐藤輝 セリーグ試合 VS 横浜 2安打
5/12 才木 セリーグ試合 VS 横浜 完封勝利
5/12 中野 セリーグ試合 VS 横浜 決勝打
5/14 近本 セリーグ試合 VS 中日 2安打
5/14 佐藤輝 セリーグ試合 VS 中日 2安打、エラーで2軍落ち
5/15 中野 セリーグ試合 VS 中日 2安打
5/15 近本 セリーグ試合 VS 中日 2安打
5/15 島本 セリーグ試合 VS 中日 勝利
5/15 岩﨑 セリーグ試合 VS 中日 セーブ
5/16 中野 セリーグ試合 VS 中日 3安打
5/16 梅野 セリーグ試合 VS 中日 2安打
5/16 原口 セリーグ試合 VS 中日 ホームラン
5/16 西 セリーグ試合 VS 中日 QS勝利
5/17 大山 セリーグ試合 VS ヤクルト 2安打
5/18 ビーズリー セリーグ試合 VS ヤクルト 勝利
5/18 桐敷 セリーグ試合 VS ヤクルト ホールド
5/18 ゲラ セリーグ試合 VS ヤクルト ホールド
5/18 岩﨑 セリーグ試合 VS ヤクルト セーブ
5/18 石井 セリーグ試合 VS ヤクルト ホールド
5/19 ノイジー セリーグ試合 VS ヤクルト 3安打
5/19 木浪 セリーグ試合 VS ヤクルト 2安打
5/19 才木 セリーグ試合 VS ヤクルト 勝利
5/21 近本 セリーグ試合 VS 広島 2安打
5/22 近本 セリーグ試合 VS 広島 2安打
5/22 桐敷 セリーグ試合 VS 広島 ホールド
5/22 大竹 セリーグ試合 VS 広島 勝利
5/22 岩﨑 セリーグ試合 VS 広島 セーブ
5/23 近本 セリーグ試合 VS 広島 3安打
5/23 中野 セリーグ試合 VS 中日 2安打
5/23 西 セリーグ試合 VS 中日 QS勝利
5/23 桐敷 セリーグ試合 VS ヤクルト ホールド
5/23 ゲラ セリーグ試合 VS ヤクルト セーブ
5/23 石井 セリーグ試合 VS ヤクルト ホールド
5/24 なし セリーグ試合 VS 巨人 反発係数の低い球を使って、運ゲームの試合していて面白いですかね。

阪神タイガース月間MVP(3、4月)

4月:15勝9敗2分

開幕は打撃不振の打者が多く2戦連続完封負け、その後投手が踏ん張りで五分に戻すと徐々に打線が得点を上げて首位に出る。森下の殊勲打が目立った。

  • (野手)森下/近本
  • (投手)ゲラ/桐敷
日付 選手 イベント Good Point  Ranking
⚫︎3/29 中野 セリーグ試合 VS 巨人 2安打
⚫︎3/30 なし    
◯3/31 森下 セリーグ試合 VS 巨人 3ラン
◯3/31 小幡 セリーグ試合 VS 巨人 ホームラン
◯3/31 才木 セリーグ試合 VS 巨人 6回無失点
⚫︎4/2 近本 セリーグ試合 VS 横浜 2安打
⚫︎4/2 木浪 セリーグ試合 VS 横浜 ホームラン
◯4/3 近本 セリーグ試合 VS 横浜 2安打ホームラン
◯4/3 森下 セリーグ試合 VS 横浜 2安打ホームラン
◯4/3 大山 セリーグ試合 VS 横浜 2安打
◯4/3 伊藤 セリーグ試合 VS 横浜 7回2失点HQS
⚫︎4/4 前川 セリーグ試合 VS 横浜 2安打
◯4/5 ノイジー セリーグ試合 VS ヤクルト 2ラン3打点
◯4/5 中野 セリーグ試合 VS ヤクルト 3安打
◯4/5 大山 セリーグ試合 VS ヤクルト 2安打
◯4/5 佐藤輝 セリーグ試合 VS ヤクルト ホームラン
◯4/5 木浪 セリーグ試合 VS ヤクルト 2安打
◯4/5 岩﨑 セリーグ試合 VS ヤクルト 勝利
◯4/5 ゲラ セリーグ試合 VS ヤクルト セーブ
◯4/6 佐藤輝 セリーグ試合 VS ヤクルト ホームラン
◯4/6 近本 セリーグ試合 VS ヤクルト ホームラン
◯4/6 岩﨑 セリーグ試合 VS ヤクルト セーブ
◯4/6 ゲラ セリーグ試合 VS ヤクルト ホールド
◯4/6 大竹 セリーグ試合 VS ヤクルト QS勝利
⚫︎4/7 近本 セリーグ試合 VS ヤクルト 2安打
◯4/9 村上 セリーグ試合 VS 広島 7回零封勝利
◯4/9 近本 セリーグ試合 VS 広島 勝利打点
◯4/9 中野 セリーグ試合 VS 広島 2安打
◯4/9 佐藤輝 セリーグ試合 VS 広島 2安打
◯4/9 木浪 セリーグ試合 VS 広島 2安打
◯4/9 岩﨑 セリーグ試合 VS 広島 ホールド
◯4/9 ゲラ セリーグ試合 VS 広島 セーブ
⚫︎4/10 森下 セリーグ試合 VS 広島 2安打ホームラン
⚫︎4/11 近本 セリーグ試合 VS 広島 2安打
🔺4/12 なし セリーグ試合 VS 中日
⚫︎4/13 佐藤輝 セリーグ試合 VS 中日 2安打
◯4/14 才木 セリーグ試合 VS 中日 7回HQS
◯4/14 中野 セリーグ試合 VS 中日 2安打
🔺4/16 森下 セリーグ試合 VS 巨人 2安打
◯4/17 森下 セリーグ試合 VS 巨人 勝利打点
◯4/17 伊藤 セリーグ試合 VS 巨人 QS勝利
◯4/17 ゲラ セリーグ試合 VS 巨人 セーブ
◯4/17 岩﨑 セリーグ試合 VS 巨人 ホールド
◯4/17 桐敷 セリーグ試合 VS 巨人 ホールド
◯4/18 中野 セリーグ試合 VS 巨人 3安打
◯4/18 森下 セリーグ試合 VS 巨人 2安打
◯4/18 佐藤 セリーグ試合 VS 巨人 サヨナラ勝利打点
◯4/18 桐敷 セリーグ試合 VS 巨人 ホールド
◯4/18 鍛冶屋 セリーグ試合 VS 巨人 勝利
◯4/19 森下 セリーグ試合 VS 中日 2安打ホームラン
◯4/19 大山 セリーグ試合 VS 中日 3安打ホームラン
◯4/19 近本 セリーグ試合 VS 中日 2安打
◯4/19 青柳 セリーグ試合 VS 中日 勝利
◯4/20 大山 セリーグ試合 VS 中日 3安打
◯4/20 佐藤輝 セリーグ試合 VS 中日 2安打
◯4/20 前川 セリーグ試合 VS 中日 2安打
◯4/20 大竹 セリーグ試合 VS 中日 勝利
◯4/21 佐藤輝 セリーグ試合 VS 中日 ホームラン
◯4/21 近本 セリーグ試合 VS 中日 2安打
◯4/21 才木 セリーグ試合 VS 中日 7回コールド完封勝利
△4/23 森下 セリーグ試合 VS 横浜 2安打
◯4/24 近本 セリーグ試合 VS 横浜 2安打
◯4/24 ノイジー セリーグ試合 VS 横浜 2安打
◯4/24 桐敷 セリーグ試合 VS 横浜 勝利
◯4/24 ゲラ セリーグ試合 VS 横浜 セーブ
△4/26 森下 セリーグ試合 VS ヤクルト ホームラン
◯4/27 近本 セリーグ試合 VS ヤクルト 2安打ホームラン
◯4/27 ノイジー セリーグ試合 VS ヤクルト 2安打
◯4/27 坂本 セリーグ試合 VS ヤクルト 2安打
◯4/27 小幡 セリーグ試合 VS ヤクルト 2安打
◯4/27 大竹 セリーグ試合 VS ヤクルト QS勝利
◯4/27 岩﨑 セリーグ試合 VS ヤクルト ホールド
◯4/27 桐敷 セリーグ試合 VS ヤクルト ホールド
◯4/27 ゲラ セリーグ試合 VSヤクルト セーブ
◯4/28 大山 セリーグ試合 VS ヤクルト 2安打
◯4/28 糸原 セリーグ試合 VS ヤクルト 3安打
◯4/28 梅野 セリーグ試合 VS ヤクルト 2安打
◯4/28 ゲラ セリーグ試合 VSヤクルト ホールド
◯4/28 岩﨑 セリーグ試合 VS ヤクルト セーブ
◯4/28 鍛冶屋 セリーグ試合 VS ヤクルト 勝利
◯4/30 村上 セリーグ試合 VS 広島 完投勝利
◯4/30 ノイジー セリーグ試合 VS 広島 4安打
◯4/30 坂本 セリーグ試合 VS 広島 2安打

※打者ポイント:複数安打、ホームラン、2打点以上、殊勲打その他勝利に結びつくプレー、勝利打点

※投手ポイント:勝利、0封、無安打ホールド、セーブ

阪神タイガース月間成績

 2023年勝敗 2024年勝敗  Ranking
3,4月 13勝10敗1分(2位) 15翔9敗3分
5月 19勝5敗(2位〜1位) 7勝7敗1分
6月 8勝14敗(1位〜2位)
7月 11勝8敗2分(1位〜2位)
8月 18勝7敗(1位)  
9,10月 15勝9敗 1分(1位)  
合計 85勝54敗5分(1位)  

◾️2024年 阪神1軍選手登録

◾️野手

打順 ポジション 1軍(スタメン) 1軍(控え)
中堅 近本
二塁 中野
右翼 森下
一塁 大山
三塁 佐藤輝
左翼 前川 ノイジー/小野寺
捕手 坂本 梅野/長坂
遊撃 木浪 小幡
代打 原口/糸原
  代走守備固め 植田/熊谷/
▼2軍ベンチ外

◾️投手

No. 先発 ポジション リリーフ
村上 クローザー 岩﨑/ゲラ
大竹 セットアッパー 桐敷
才木 セットアッパー
伊藤 ピンチ 島本
青柳 6回 岡留
西勇 6回 鍛冶屋
門別 ロング 漆原/浜地
ビハインド
▼2軍ベンチ外 西純/及川/ビーズリー 石井/冨田/岩貞

阪神が連覇するための成績(月間スタッツ)

◾️先発投手成績

先発登板 登板数/勝利数
No. 選手名 登板数 3,4月 5月 6月 7月 8月 9,10月 合計予想
1

村上

2024年  4 2-1 11
2023年  22 2 3 1 1 1 2 10
2

伊藤

2024年 4 2-1 9
2023年  21 1 1 0 3 3 2 10
3

大竹

2024年 5 3-2 1 10
2023年  21 3 3 0 1 2 3 12
4

才木

2024年  5 2-1 3-0 10
2023年  19 1 2 2 0 1 2 8
5

西 勇

2024年 3 0-1 2 6
2023年  18 1 1 3 0 3 0 8
6

青柳

2024年  5 1-2 6
2023年  18 1 1 0 1 3 2 8
7

門別

2024年  0-1 6
2023年  1
8

 

西純//ビーズリー/高橋遥/冨田/及川

2024年   5
2023年  23 1 1 1 2  5
 
合計
2024年   10           63
2023年 143 10 12 6 7 15 11 61

 

◾️リリーフ投手成績

リリーフ登板 2023年勝利数/セーブ数/ホールド数(防御率)
No. 選手名 予想 登板 3,4月 5月 6月 7月 8月 9月 予想
1

ゲラ

50

0/5/7 1 20セーブ20ホールド
 
2

岩﨑

50

1/4/5 1 20セーブ20ホールド
 
3

桐敷

50

2/0/5 2 40ホールド
 
4

岡留

50

0/0/1 1 30ホールド
 
5

鍛冶屋

40

2/0/1 10ホールド
 
6

浜地 40 10ホールド
7

漆原 30 5ホールド
8

島本 30 0/0/1 15ホールド
9

冨田 10 ホールド
10

岩貞 20 ホールド
11

石井 20 10ホールド
  合計 25勝40セーブ150ホールド

◾️打撃成績

打順 選手 ポジション 期待値 月別打撃結果(打点)2023/2024
4月 5月 6月 7月 8月 9月 予想/実績
1

近本

センター

出塁率 0.380/打点70

14 12 9 1 14 4 54
10 2 60
2

中野

セカンド

出塁率 0.350

13 9 3 4 6 5 40
8 1 40
3

森下

ライト

OPS.800以上

5 2 0 15 13 6 41
16 1 70
4

大山

ファースト

打率.300/本塁打30本

11 18 16 8 10 12 78
10 2 90
5

佐藤輝

サード

打点100/本塁打35本

8 22 8 9 16 29 92
14 1 100
6

前川/ノイジー

レフト

出塁率 0.350以上/打点70

8 6/15 1/4 6 7 16 63
10 2 70
7

梅野/坂本

キャッチャー

打点40点/盗塁阻止率.350

7 7 5 3 7 5 34
5 40
8

木浪/小幡

ショート

打率.280以上、エラー10個以内

5 6 5 9 14 6 45
6 1 40
DH

原口//糸原

代打

打点30

5 0 8 2 5 2 20
4 1 32
2024年       87            
2023年       84 103 75 69 108 90 529
2024目標       96 96 86 86 96 92 552

チーム別月別得点比較

◾️2022年

2022年 3・4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 合計
阪神 92(糸井17打点) 63(大山14打点) 107(大山29打点) 73(大山14打点) 80(佐藤15打点) 71(佐藤14打点) 3 489
ヤクルト 101(村上20打点) 102(村上23打点) 135(村上35打点) 77(村上17打点) 111(村上25打点) 82 11 619
DeNA 85 77(牧25打点) 86(佐野16打点) 66 90 88(牧15打点) 5 497
巨人 136(岡本25打点) 77 99(岡本18打点 59 92(中田15打点) 82(中田21打点) 3 548
広島 121(坂倉18打点) 91(マク18打点) 70 97(秋山16打点) 85 88 0 552
中日 90(石川16打点) 75 51 58(ビシ17打点) 64 73(ビシ15打点) 3 414

◾️2023年

2023年     3,4月 5月 6月 7月 8月 9,10月
阪神 86 192 273 342 455 553
ヤクルト 63 163 241 329 431 534
DeNA 81 182 276 330 427 520
巨人 83 185 259 344 448 523
広島 81 168 257 322 427 493
中日 56 135 194 267 412 390
福太郎
福太郎
今年はボールを変更しているようですが反発係数はどうでしょうね
福郎
福郎
去年と同じなら優勝チームの総打点550点てところかのう

◾️2024年

2023年     3,4月 5月 6月 7月 8月 9,10月
阪神
ヤクルト
DeNA
巨人
広島
中日

◾️指揮官と相性の良い血液型選手

A型指揮官の岡田監督と相性が良いのはAB型とO型です。ヘッドコーチの平田はAB型、打撃コーチの水口、今岡、守備コーチの馬場はA型、藤本コーチはO型、走塁コーチの筒井はA型、バッテリーコーチ島田はA型、投手コーチの安藤はO型、久保田はAB型。1軍にはB型コーチはいません。

今年の矢野監督はO型なのでB型、A型の選手は好相性だったのですが、来年はB型選手はイマイチです。レギュラー選手は別としてちょっと使われる選手が変わるような気がします。

O型の大山、前川、高寺、木浪、AB型の島田、原口といった選手が使われるかも知れません。また捕手もO型の坂本が意外とマスクをかぶる可能性もあります。

B型選手のレギュラーの近本、佐藤輝はマイペースでいいとしても。今年スタメン候補の小幡、井上がB型なので、考え方の食い違いて伸び悩むかも知れません。

◾️👍AB型 伊藤 島田 原口

◾️👍O型 大山 木浪 高山 坂本 西純 馬場 森木 北條 糸原 浜地 及川 桐敷 前川 植田 岡留 湯浅 高寺 石井

◾️A型 梅野 熊谷 岩貞 秋山 才木 栄田 村上 中野 森下 大竹

◾️👎B型 山本 近本 佐藤輝 岩﨑 西勇 渡邊 井上 小幡 高濱 島本 青柳 鍛冶屋 小林 長坂 豐田 板山 渡邊 岩田 富田

先発投手は安藤コーチがO型なので良いとして、リリーフ投手はイマイチかも知れません。

◾️血液型を考慮した野手の開幕ベンチ入りです

2022年打順 2023年ポジション レギュラー(予想) 控え
(中堅) 森下(A) 島田(AB)近本(B)
(二塁) 中野(A) 高寺(O)
(左翼) ミエセス
(三塁) 大山(O) 糸原(O)佐藤(B)渡邊(B)
(一塁) 原口(AB)
(右翼) ノイジー 前川(O)
(遊撃) 木浪(O) 植田(O)小幡(B)
(捕手) 梅野(A) 坂本(O)

◾️血液型を考慮した投手の開幕ベンチ入りです

2023年 先発 リリーフ
西純(O) ビースリー
才木(A) 湯浅(O)
森木(O) 浜地(O)
村上(A) ケラー
大竹(A) 桐敷(O)
秋山(A) 及川(O)
青柳(B) 石井(O)
西勇(B) 岩貞(A)
伊藤(AB) 馬場(O)

◾️ヤクルト

高津監督:A型

👍AB型:内山

👍O型選手:山田、山﨑、村上

👎B型選手:塩見

◾️DeNA

三浦監督:B型

👍O型選手:牧

👎A型選手:佐野、森

◾️巨人

原監督:A型

👍AB型:坂本、丸

👍O型選手:中田

👎B型選手: 大城

セリーグのウィークポイント(開幕前)

🟥広島

◾️左打ちの好打者が揃う打線ですが、西川がFAで抜けたことでで弱くなりました。またクリーンアップを1年打てる右打者がいません。チーム打点右打者トップだった外国人は2人とも入れ替えで新外国人が入団するようです。日本人では堂林が35打点、末包が27打点という状況なので左先発投手の攻略が鍵となると思います。投手は逆に左投手の先発、救援投手とも不足しています。ドラフトで獲得した投手が活躍すればいいですが、やはり選手層に偏りのあるチームは対策をしてこられると脆いものがあります。オープン戦で頭角を表した選手に右打者がいません。両外国人も、それほど打てそうな気がしないので、左腕先発には脆いと思います。

🟧巨人

◾️上位の1、2番を打てる出塁率の高い選手が見当たりません。3番を打っていた丸の衰えで上位打線が弱いです。若手の門脇、秋広、浅野が出てきましたが、まだ少し時間がかかりそうです。今のところ新外国人打者の発表はされていませんが、あまり期待できません。投手は右の若手投手が育ってきていますが、左投手が伸び悩んでいます。2人の外国人左腕が10勝を上げるほどの活躍は期待できないのでブルペン勝負になると思います。それには大勢の復活が欠かせません。オープン戦で新人の佐々木、それから松原、門脇という所が上位打線を打っていましたが、彼らがいつまで打線を牽引できるかで順位は変わると思います。また右打者は岡本、坂本以外に目立った打者がいません。2人のどちらかがスタメン落ちすると左腕先発を当てられ得点力が落ちる懸念があります。そうなると先発投手が耐えきれなくて、去年と同じマシンガン継投になってしまうのでコンデション管理が非常に重要になりそうです。外国人のオドーアが帰国したので、他の外国人打者を補強することになると思いますが、そもそもなぜ左打者だったのか、フロントと現場の価値観の相違が見えるようではシーズン中もゴタつきそうです。

🟦中日

◾️打線は大幅に選手を入れ替えが続いています。戦い方にムラがあり打線が繋がらない事が多いです。出場さえすれば70打点を上げるビシエドと被る中田が入団しましたポジション的にはあまり上がり目がありません。また二遊間の守備に問題があるため投手力がありながら勝ちきれていません。今年もドラフト上位で二遊間の選手を獲得しましたが、昨年終盤は外国人のカリステが守っていました。色々と問題が山積みです。この3年間はタネを撒くになっているので、勝敗ではなく、どの選手が出てくるかです。それが楽しみでしょうか。

🟦ヤクルト

◾️このチームの打線は怪我がなければ強力打線です。ただ塩見、山田、サンタナと誰かが欠場してしまい連勝する事ができません。先発投手も怪我がちな投手が多く足りていないです。パークファクターの為、防御率が悪いのは仕方ないですが、それでも10勝がする投手が1人では厳しいです。またリリーフ投手で勝負できるほど層が厚くないので、まずは投手育成が先かと思います。

🟦横浜

◾️エースの今永、外国人投手の2人がいなくなりそうです。その中でドラフト一位で打者を指名しました。そういうチームなので優勝することは難しいです。優勝するには10連勝のような勝ち方をシーズン中に2回はしないと貯金が20以上できることはないです。ただ、左の強打者が佐野だけだったで、そこの弱点はドラ1度会が入った事で解消できる気がします。打線で連勝できたとしても、抑え投手が決まらない状況なので接戦で勝ちを拾うことはできないです。なので打線の調子が落ちると連敗が始まります。10勝級の先発投手を2人獲得して、抑え投手が決まれば優勝できないこともないですが、果たしてバウワークラスを3人補強できるでしょうか。打撃陣はオープン戦を見る限り度会の加入が大きく得点力は上がりそうです。宮崎のコンデションが悪くならなければ、去年の年間打点は超えてきそうです。ただ先発投手がいません。もし東がローテーションから外れると大きな連敗の可能性があります。

阪神前半戦展望

◾️打者陣

  • 2024年は若手、中堅選手がさらに成長して成績up出来るかでしょうか。
福太郎
福太郎
2023年は3番森下が機能した事で8月から9月にかけて連勝モードになりました。来年はマークが厳しくなるので森下が打ち続けられるのかでしょうか
福郎
福郎
そして佐藤輝じゃな、大卒4年目がタイトルを取るなどの大活躍する選手が多い。横浜の村田やダイエーの小久保は30本塁打を四年目で達成しておる。タイトルホルダーになるターニングポイントじゃ
福太郎
福太郎
この2人以外に活躍できそうな選手は誰ですか
福郎
福郎
前川じゃろうな、1年間コンデション不良で2軍に落ちなければ3割打つような気がする。ただ守備では何度かやらかしが出るような気がするが、そこを首脳陣とファンが大目に見れるかじゃな
福太郎
福太郎
殊勲打は多そうですよね、まぁ、勝敗に関わるミスも2度までなら許せます
福郎
福郎
後は井坪を早めに1軍で試して欲しいのう。150キロ以上の投手と対戦させて課題を出してあげたい

◾️打者打順

2023年連勝 佐藤輝不調 森下不調 大山不調 近本離脱 近本中野不調 大山、佐藤輝不調
打順 打者全員◎ 大山◯佐藤輝△森下◯ 大山◯ノイジー◯森下△ 佐藤輝◎大山△森下◯ 佐藤輝◯近本△ノイジー△ 佐藤輝◯前川◯森下◯中野△近本△ 佐藤輝△大山△森下◯
近本 近本 近本 近本 森下 森下 近本
中野 中野 中野 中野 中野 佐藤輝 中野
森下 森下 ノイジー/前川 森下 前川 前川 森下
大山 大山 大山 佐藤 大山 大山 前川/新外国人
佐藤 前川/ノイジー 佐藤 ノイジー/前川 佐藤 ノイジー/近本 大山/渡邊
ノイジー/前川 佐藤 前川/ミエセス 大山/小野寺 ノイジー 中野 佐藤/糸原
坂本/梅野 坂本/梅野 坂本/梅野 坂本/梅野 坂本/梅野 坂本 坂本/梅野
木浪/小幡 木浪/小幡 木浪/小幡 木浪/小幡 木浪/小幡 木浪/小幡 木浪/小幡
合計打点 580点以上 540点以上 540点以上 530点以上 520点以上 520点以上 510点以上
 順位予想 ①② ①②③ ①②③ ②③④

◾️投手陣

  • 投手陣は2023年のパフォーマンスを全体で落とさずにキープできるかになります。先発6人(青柳、伊藤、西勇、村上、才木、大竹)の中から4人が1年間ローテーションを外れずに回れば大丈夫だと思います。もし2人が調子が悪い場合は次期先発投手が控えているので、バックアップは可能だと思います。ただ必ず勝たなければいけない試合に登板する投手。ここに当てはまるのが村上、才木の2人になると思いますが、この2人がローテーションを外れるようだと黄色信号が点ります。青柳が左打者を抑える事ができれば代わりになりますが、各チームに攻略法が出来上がっているので、左打者のインコースを抉る球を投げないと難しいと思います。ある程度ぶつける覚悟があるかですね。荒れ球が武器だった投手がコントロールが纏まってしまって怖さがなくなっています。この辺りは変則投手の陥りがちな点ですが、練習してコントロールを磨けば磨くほど打ちやすくなってしまいます。最多勝投手がデッドボール王ってわけにもいかないんでしょうが。
  • 後は2025年に向けて門別、下村といったところが先発ローテーションで10試合以上投げられるかでしょうか。また高橋遥の復活。西純、及川、森木、川原、茨城といった高卒投手から1人は来季のローテーションに加われる投球を期待したいです。

まとめ

投手はほぼ文句なく良さそうなので、後は得点力と守備走塁ですかね。優勝連覇の条件は7つですね。

◾️主要5人打者のうち4人はフルシーズンを戦って2023年以上の成績を残すこと。

近本、中野、森下、大山、佐藤輝が揃って活躍すれ大丈夫です。最悪1人が欠けても何とか出来る戦力はありそうです。ただ2006年は今岡が欠けて80勝以上しましたが優勝には届きませんでした。今のところ80勝できそうなチームはセリーグには見当たりませんが、シーズンは長く予想し辛いので5人は故障や不調に陥る事なく成績を残したいです。どちらかというと年齢を考えれば伸び代の方が上回るので、オフや開幕戦に優勝した事で生まれる驕りがなければ大丈夫だと思います。またもう1人抜けた場合は前川の活躍が鍵になります。50打点はあげたいです。ただ右打者の控えが見当たりません。今年のドラフトは右の強打者をドラフト1位で獲得して欲しいです。遊撃手なら宗山もありですが、山田が順調に育てば来年後半には1軍出場できそうです。ただ打撃成績が、今年のファームで.270以上欲しい所です。井上、野口はウィークポイントを攻められた時にファールで逃げる技術を身につけないと1軍では通用しないですね。追い込まれるまではフルスィングをして欲しいですが、追い込まれたらファールで四球狙いで数字を残す必要があると思います。その他に井坪が今年も夏頃までファームで3割を打てば1軍に上がってくる可能性があります。それには150キロ以上の球を打てるかがポイントだと思います。

◾️チームから打撃タイトルを取る選手が出る

2023年は大山が出塁率、中野が最多安打、近本が盗塁王のタイトルを取りました。出来れば来年は首位打者、打点、本塁打の打撃3部門のタイトルを獲得して欲しいです。そうなればその選手に引っ張られて選手全体の成績が10%程度ほど上がります。

◾️若手野手の台頭がある

森下の台頭で去年の今頃よりは戦力が上がりました。この際もう1人50打点を上げる若手野手の登場が待たれます。候補は前川、野口、井上といった所でしょうか。技術はブレイク直前の形になっているので、後はチャンスと、結果を1日でも長く残せるかでしょうか。井坪も可能性はあります。

◾️捕手がキャリアハイの成績

坂本、梅野の2人で怪我をせずフルシーズンを乗り切る事が肝心です。次期キャッチャーの育成もしたいですが候補が薄いです。

◾️チーム打点が1位になる

パークファクターによって打点差はありますが、2023年できた事ができないわけはありません。2023年の534打点を上回る550打点以上はあげたいです。

◾️守備力のアップ

2023年もエラーの数は多かったですが、全体的に守備は安定していました。ただ二遊間は何が起こるかわからないで控えを含めて準備はしておきたいです。

◾️走塁意識の向上

2023年の走塁も手を抜く事なく続けてもらいたいです。近本、中野の次の足の速い選手の育成も行なっていきたいです。

→今の二軍組織では野手を育成することは難しいんだとおもいます。高卒野手を獲得しても誰一人レギュラーとなっていません。多分、一軍で通用する選手を育成する組織になっていないんだと思います。また、高卒でクリーンアップを打つ選手育成のモデルがないからだとおもいます。前川は今年レギュラーをつかむかもしれませんが、彼の場合はプロに入る前からの打撃技術を磨いた選手です。二軍で教えてもらったわけではありません。昔は打撃コーチといえば技術にたけた人がなるイメージでしたが、今は選手に寄り添って練習相手になるのがコーチです。そういう意味では教えてもらうのを待っている選手は一軍に上がれません。

★代打打率

.179というのは低いですね。原口と糸原がやっていたのですが、今年は野口がやることになると思います。この代打で野口は地位を確定するぐらい活躍をして欲しいですね。それが出来ればレフトのポジションを担う事が出来るかも知れません、とにかく代打は打点です。

→野口はオープン戦で全く打てず二軍となりました。今年はドラフト1位で野手の補強が必要だと思います。特に1番を打てる打者ですね。今年のドラフトは即戦力野手(内野手、外野手)を上位指名したいです。投手は下位指名でも育ちますが、野手は難しいように思います。 2024/03/24

★そして、それがダメな場合の補強

2024年3月現在では大きなウィークポイントは見つかりません。シーズンに入って故障などにより離脱した場合の備えが必要に思います。

→リリーフ投手、右の球速のある投手が必要ですね。現状ゲラが使えそうななので大丈夫ですが、もし故障するとバックアップがいません。2軍投手は不調のようなら、もう1人外国人投手を補強した方がいいと思います。去年のコルテンブルアーぐらいの投手がいれば獲得したいです。

→野手では近本の代わりのできる左打の外野手も探しておいて損はありません。森下がセンターを守れるのでトレードまでする必要はないかと思いますが、2軍でセンターを守る選手の練習が必要かと思います。

★オープン戦を振り返って

オープン戦で、負の連鎖を起こしてして、まさかの最下位になってしまいました。シーズンも同じやらかしをするようだと連覇に黄色ランプが点ります。そのためにも開幕カードは勝ち越さなければなりません。巨人は去年シーズンのイメージを払拭するために全力でくると思います。受けてしまったらやられるので積極的に打つ姿勢で攻めて行ってもらいたいです。特に先頭打者の三振は勢いを削ぐのでやってはいけません。開幕カードを勝ち越せれば連覇確率はかなり高くなると思います。期待したいのは前川と佐藤輝です。彼らは初戦に何としても打点を上げて勝利に貢献してほしいです。2戦目は左腕先発、3戦目アンダースロー先発なので1戦目が鍵です。もし初戦に左打者沈黙で負けるようだと、焦りが出て3連敗スタートの可能性があります。監督は先発投手は5回まで、いくら点を取られても変えない方針なので青柳大炎上の失態だけはやめてもらいたいです。特に初回の先頭打者です。とにかくインコースに強い球を投げてファールを打たして3球以内にアウトに取って欲しいです。それが出来れば今シーズンは大丈夫だと思います。外角のツーシームに頼ってボールばかり投げてフルカウントからファーボールを出したり、三遊間にヒットを打たれるようなら、今年も青柳の成績は怪しいです。初回に3点以上の失点を許す場合は、2回から門別にスイッチしてもらいたいです。まぁ、7点取られても変えないでしょうが。

順位予想

1位:阪神 ※去年の成績+αがあれば連覇。先発2人、主要打者2人が抜けると危ない

2位:DeNA ※バウアー戻り。救援防御率がリーグ1位なら。ただ去年並なら巨人が上

3位:巨人 ※若手上位打者がオープン戦のように打ち続けられるか。大勢は復活すれば

4位:広島 ※両外国人が20本以上のホームランを打てば

5位:ヤクルト ※怪我人が出なければ タイトルを取るような外国人の活躍があれば

6位:中日 ※上位打線、センターラインの固定できれば。打点王を獲得する選手が出れば

勝利ポイント

勝利するための法則

No. タスク 3/29 3/30 3/31 4/2 4/3 4/4 4/5 4/6 4/7 4/9 4/10 4/11 4/12 4/13 4/14 4/16 4/17 4/18 4/19 4/20 4/21 4/23 4/24 4/26 4/27 4/28 4/30
       
勝敗 ✖️ ✖️ ⭕️ ✖️ ⭕️ ✖️ ⭕️ ⭕️ ✖️ ⭕️ ✖️ ✖️ 🔺 ✖️ ⭕️ 🔺 ⭕️ ⭕️ ⭕️ ⭕️ ⭕️ 🔺 ⭕️ ✖️ ⭕️ ⭕️ ⭕️
1 先制点を1点以上取る B 1-3             ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎
2 中押し点を2点以上取る B 4-7             ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎
3 だめ押し点を1点以上取る B 8-9             ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎
4 逆転する B 1-9             ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎
5 3失点以内に抑える SP 1−6             ◯  ⚫︎  ◯  ⚫︎ ⚫︎
6 先制点を与えない SP 1−6             ⚫︎ ⚫︎  ⚫︎  ⚫︎  ⚫︎  ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎  ⚫︎
7 逆転されない SP 1−6             ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎
8 0点で抑える RP 6-7             ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎  ⚫︎  ⚫︎  ⚫︎
9 0点で抑える SU 7-8             ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎
10 同点、逆転されない CL 9-             ⚫︎
12 エラーをしない D 1−9             ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎
12 得点を阻むプレー D 1−9             ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎  ◯  ◯  ◯ ⚫︎  ◯ ⚫︎  ◯  ◯
                           

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です